• HOME
  • 社会貢献活動

社会貢献活動

  • とりすえ慈善支援活動
  • とりすえネパール支援企画

とりすえの被災地支援のとりくみは専務の強い思いと経験からはじまった

四川省地震で復興活動に参加しました

水はあったし現地までの道路も問題なかったので特に過酷という状況はなかった。というのも、若いころに解体屋で2年くらい働いていたことがあるので、その時は常に3K(危険、汚い、きつい)と隣りあわせだったからかもしれない。
瓦礫の撤去作業は、きついがこつこつやるとしっかり結果に出てくれた。自分の力を最大限発揮できた。仕事が終わると、うちの方と一緒にお茶を飲みながらタバコを吸う、そんな時間が幸せだった。中国語が話せれば、現地の方の心境や元気になってもらう言葉を投げかけられたので良かったと思う。

この活動をはじめ、当社の代表山口は幼少期の頃から、海外の貧しい子供達や難民の方々の生活に胸を痛ませ、何か助けられる仕事に携われないかと思っていました。20代の頃には世界のあらゆる地域へ足を運び、ボランティア活動に参加したり、被災地などで支援活動を行なってきました。正式にとりすえの五代目を継いだ後も、世界がもっと幸せであって欲しいという想いは強く、以下の団体における活動に賛同し、売上の一部を寄付し、微力ながら末長く支援に努めております。

四川省地震
復興活動に参加

継続支援団体

シャンティ国際ボランティア会
教育が行き届いていない子どもたち

シャンティはアジアで子どもたちへの教育文化支援を行うNGOです。また1995年の阪神・淡路大震災以降、国内外で緊急救援活動も行っています。

■ 海外での活動 <内戦や貧困などによりまだ教育が行き届いていない子どもたちの為に>

カンボジアでは56%の小学校教員が高校を卒業していません。ラオスでは10人に3~4人は小学校に入学しても卒業ができません。アフガニスタンでは、15歳以上でも約80%が読み書きできていません。

このような問題に対し、シャンティは、タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、ミャンマー、アフガニスタン、ネパールの6ヶ国7地域など、子どもの教育のために活動しています。

■ 国内での活動 <東日本大震災における被災地支援>

東北3県で「移動図書館プロジェクト」(仮設住宅を中心に本を積んだ車で巡回する移動図書館活動、集会所に本棚を設置し定期的に本の入れ替えを行う文庫活動、図書室の設置と運営。)を、気仙沼市で「気仙沼復興プロジェクト」(コミュニティセンターや住宅の再建などの地域コミュニティ支援、長期休みを利用した子どもの居場所づくり、漁師の生業支援。)を行っていました。

■ 国内外で緊急救援活動

阪神・淡路大震災、東日本大震災、平成30年7月豪雨、スマトラ島沖地震・津波、インドネシア地震後の救援活動など、これまでに67回出動しました。

Rescue Foundation

インドのムンバイを拠点にインドで4箇所のセンターを運営しているNGO団体です。

International Labour Organization の調査によると、インドでは年間1390万人が人身売買の被害者になっています。
レスキューファンデーションでは、主にバングラデシュやネパール、ミャンマーなどから、人身売買の被害にあい売春施設で監禁されている女性の救出を行っています。

救出後、センターにて心のケアや、社会に戻ってからも自立して生活出来るよう、リハビリやトレーニングを行い6〜10ヶ月程で、帰郷させます。

今までに5000人以上、年間約100〜150人を救出し、警察やパートナーNGOの救出した少女も含め年間400人から500人のリハビリ及びトレーニングを行っています。

Child Fund Japan

すべての子どもに開かれた未来を。をテーマに、1975年からアジアの子供たちを支える活動を行なっています。スポンサーシップ・プログラムでの活動をしており、1対1でひとりの子供と繋がり、成長を支える「里親」的な支援方法を導入しています。

■ 生かし生かされる国際協力を通じて子供の権利を守る

チャイルド・ファンド・ジャパンは、ビジョンを達成するために、支援を通じてつながるすべての人々が、様々な違いを超えて、お互いが人生に意味を見出し、「生きていてよかった」と思える国際協力を実践することを通して、子どもの権利を最優先に位置づけた活動を展開します。

フィリピンの首都マニラにあるトンド地区で活動を始め、今日ではルソン島ブラカンやザンバレス、ミンダナオ島サンボアンガシブガイで子供の健康と教育の為に活動を行っている団体です。
トンド地区は、マニラ中のゴミが集まるエリアとして知られていて、タガログ語でPagpagと言い、人が食べ残したフライドチキンの残骸などを集め再び火を通し、飢えをしのいで生活している人もいます。
プロジェクトパールズでは、常時ボランティアの募集を行っており、毎日行われるフィーディングプログラムでは、子供たちへの食事の無償提供に参加できます。また、スクーラーシッププログラムでは、年間一定金額を負担することにより、奨学生の1年間の学費、教材費、制服や靴等が賄われます。

不定期支援団体

特定非営利活動法人CODE

CODE海外災害援助市民センターは幅広い智恵や能力をもつ企業、行政、国際機関、研究機関、NGOなどを含めた市民の集まる場として2002年1月17日にNPO法人として発足しましました。「最後のひとりまで」の理念を胸に、「寄り添いからつながりへ」人間復興となる救援を実践。痛みの共有を、弱い立場の人が、被災によってより不利な立場に置かれ続けないよう、子供、女性、障害者、高齢者、外国人、マイノリティなどへの支援活動を重視、また、災害救援は、最後のひとりの人権を回復するまで、直接的に、間接的にかかわることが求められる撮の理念により、「被災者」と一括りにするのではなく、多様な一人ひとりを尊重し、たったひとり、最後のひとりの声にも耳を傾けています。

■ 現在の災害救援活動

アフガニスタンぶどうプロジェクト、中国四川省大地震、ハイチ地震、中国青海省地震、フィリピン台風ハイエン、ネパール地震

■ 国内外でこれまで行った緊急救援活動

連続するメキシコ地震、エクアドル地震、アフガニスタン・バタフシャン地震、ネパール地震(継続中)、アフガニスタン雪崩災害、アフガニスタン地滑り、フィリピン台風ハイエン(継続中)、メキシコ・ハリケーン、トルコ東部地震、東日本大震災、インドネシア・ムラピ山噴火、中国・青海省地震(継続中)、チリ地震・津波、ハイチ地震(継続中)、サモア・西スマトラ地震、イタリアラクイラ地震、中国・四川大地震(継続中)、ミャンマー・サイクロン・ナルギス、バングラデシュ・サイクロン・シドル、インドネシア・ジャワ島中部地震、フィリピン・レイテ島地滑り、中南米ハリケーン、パキスタン北部地震、ハリケーン・カトリーナ(アメリカ)、イラン・ザランド地震、スマトラ沖地震・津波、タイ・バンコク スラム火災、イラン南東部(バム)地震、アルジェリア地震、トルコ・ビンギョル地震、中国ウイグル地震、イラン・ガズウィーン地震、メキシコ・ハリケーン、アフガニスタン北部地震、インド西部大地震、エルサルバドル地震、メコンデルタ大水害(カンボジア・ベトナム)、モンゴル干ばつ・大寒波、モザンビーク大水害、中国雲南省地震、ベネズエラ水害、台湾大地震、トルコ大地震、メキシコ地震、ペルー水害、コロンビア大地震、ホンジュラスハリケーン・ミッチ、パプア・ニューギニア地震津波、アフガニスタン大地震、パプア・ニューギニア大干ばつ、アフガニスタン大地震、中国河北省大地震、朝鮮民主主義人民共和国大飢饉、イラン大地震、インド南東部ハリケーン、カンボジア大洪水、中国南部大洪水、中国雲南省地震、ロシア・サハリン地震